リノベーション

リノベーションとは? ~新しいマンションの形〜

  1. リノベーションとは

    リノベーションを語る前に、まずリノベーションと混同されやすいリフォームについてご説明します。リフォームとは、原状回復工事のことです。ですから、基本的にリフォーム工事を行っても、資産価値が向上することはありません。
    比較してリノベーションとは、物件に新たな付加価値を加えて新しい物件に作り変える工事のことを指します。このため、リノベーションを行うことで資産価値が向上することになるのです。

  2. なぜ今、リノベーションなのか?

    近年リノベーションが大流行です。なぜ、今、リノベーションなのでしょうか?
    リノベーションが注目を集める一番の要因は「立地」の重要性にあります。都市部では好立地と呼ばれる場所に空いている土地がほとんどない状態です。好立地には先になんらかの開発が入っているため、滅多に新築は建ちません。立地にこだわるなら、既に建っているマンションを活用して住むという選択になるのです。
    新規に開発できる立地がなく、新築が建たない都心部の好立地にある中古マンションがリノベーションブームの火付け役となっていると言えるのです。

立地の重要性

マンションにおいて立地は一番重視されるポイントです。ここでは、なぜ立地が重要であるのかをご説明していきたいと思います。

  1. マンション価値は立地で9割がた決まる!

    マンション選びで大事なことは?と問われた場合、「マンションの資産価値は立地が重要」と回答するでしょう。特にマンションの場合は戸建て以上に立地が重視されます。マンション価値は立地で9割がた決まるといっても過言ではありません。
    また、都心部のマンションの場合、都心からの距離と最寄り駅から徒歩何分かという2つの要素で立地を判断することになります。

  2. 好立地の物件は時間をうまく活用することができる

    単純に平日毎日のように通う勤務先と立地について考えてみると、都心部に近く、駅までの距離が徒歩5分圏内といった好立地のマンションに住んだ場合、通勤時間は30~40分で済みます。しかし、郊外のマンションに住んだ場合通勤時間に90分かかるといったケースもあります。
    こういった場合、1日の通勤時間に往復2時間ほど差が出ることがわかります。言い換えれば、好立地のマンションに住んでいる場合、自分の時間が1日2時間も増加するこということになるのです!
    朝と夕方に1時間の余裕な時間があれば、朝はランニングやゆったりとした朝ご飯タイムを楽しむことができますし、夕方もゆったりと家族みんなで夕飯をとることもできます。このように好立地のマンションは時間を節約することができるため、何にも代えがたい価値なのです。

  3. 勤務先や学校の選択枠が増える

    複数の路線が使える交通のアクセスが良い好立地のマンションに住んだ場合、通勤・通学することができる範囲が広がります。
    ですから当然、勤務先や学校の選択の範囲も広がります。

    このように好立地であるということは、人生を豊かにしてくれる重要な要素であるということができます。
    だからこそ、不動産の価値は立地の価値とまで言われるのです。

新築物件ではなくあえて
リノベーション物件を
選択するメリット

好立地であるということは何にも代えがたい重要項目です。しかし、現状好立地には先にマンションが建設されています。
新築物件ではなくあえてリノベーション物件を選択するメリットをご紹介していきます。

  1. 立地に縛られずに物件を探すことができる!

    新築マンションにこだわった場合、まず新築マンションありきのマンション探しになります。ですから立地は後回しになってしまうことになります。
    新築マンションの主流は都心部ではなく郊外に移行していて、駅までの距離が徒歩10分以上といったマンションが主流になっています。
    新築にこだわってしまうと、立地的にはかなり不利な物件が主流になってしまうことが多くなります。
    この点リノベーションマンションの場合は、まず「立地ありき」のマンション探しをすることができるため、交通アクセスの良い好立地のマンションに住むことができます。

  2. 中古物件のほうが好立地の物件が多い

    リノベーションマンションの多くは東京23区内のマンションです。それだけ好立地の中古物件のニーズが高いということです。交通のアクセスが複数路線利用可能かつ駅までの距離が近い立地の多くは中古物件なので、リノベーションマンションを選択した場合、好立地のマンションに住むことができるのです。

  3. 資産価値を向上することができる

    マンションの築年数と価格の推移を見ると、築15年以降は経年による価格の下落が小さくなります。よって築年数15年以降のマンションを購入した場合、資産価値の下落リスクは少ないということがわかります。
    築15年以降のマンションに付加価値を与えるリノベーションを施せば、資産価値を向上させることができるのです。

ウィライズコーポレーションの
リノベーション物件とは?
〜当社がリノベーション物件に強いワケ〜

当社は、お客様のニーズにお応えすることをモットーとしておりますので、通常の不動産会社と違い、エリア、物件構造、築年数などの一定の制約を設けないサービスを提供していますので、幅広い不動産情報網を構築しています。お客様がご希望するエリアで、お客様好みの物件をご紹介することができます。

また、当社では相談から引き渡しまで、簡単便利なワンストップサービスで提供しております。自分でリノベーションを施し、マイホームを購入する場合、物件を購入する不動産会社、融資を頼む金融会社、リノベーション工事を行うリノベーション業者など、多くの業者と煩雑な打ち合わせを行わなければいけません。 この点当社では、相談から中古物件探し、リノベーション、引き渡しまで、当社が行いますので、窓口が一つになり、多くの手間を省くことができます。

リノベーションとは自由設計ができて、自分の生活に合わせてオリジナリティ溢れる住まいを作ることができます。リノベーションマンションであれば、自分が住みたい立地に、自分好みの住まいを作ることが可能です。

当社では、中古マンション、中古戸建てを探すところから、リノベーション工事に関するアドバイスまでワンストップサービスでリノベーション物件を提供しています。 お客様、それぞれのご希望エリア、ご希望の間取り、ご要望をお伺いして、中古物件を選定するところから始まり、その上でお客様にピッタリのリノベーションをご提案いたします。住まいを楽しくしたい、生活にワクワクしたい方は、ぜひ一度当社にご相談ください。