空き家再生

郊外では都心部に比べて、住み手の居なくなった空き家が多く存在します。
後継者がおらず、売却にも賃貸にも出されていない物件を、
弊社ではそのような物件を積極的にリノベーションして再生しています。
空き家を再生し、自分好みのマイホームを手に入れるための具体的な方法をご紹介しております。

空き家を活用した
マイホームができること

近年リノベーション技術は進化し、フルリノベーションを行うことで、新築にはないオリジナリティに溢れたマイホームを手に入れることができます。
ここではリノベーションでマイホームを購入することで得られる様々なメリットをご紹介していきたいと思います。

  1. 好きな立地を選ぶことができる

    空き家を活用したマイホーム選びの場合、勤務地や通学から「このエリアに住みたい!」とエリアから自由に物件を絞ることができます。
    アクセスの良い立地は何にも代えがたい時間を節約して、人生を豊かにしてくれるアイテムです。

  2. 新築にはできない自分好みのマイホームを作ることができる

    新築の戸建てを購入する場合、すでに建築済みの物件を購入することになります。ですから、「Aはキッチンが素敵だけど、子供部屋が狭い…」「Bは子供部屋が広いけど、リビングの使い勝手が悪い…」などと何かのデメリットを我慢してマイホームを購入しなければいけないケースが大半です。
    しかし空き家を活用したマイホームであれば、自分のライフスタイルにピッタリの空間を自分好みにプロデュースすることが可能です。

  3. 趣深い古民家風のマイホームに住むことができる

    近年ブームの古民家。カフェなどは「古民家風」であれば、それだけで宣伝効果が高く、多くのお客さんが訪れるほどです。
    「空き家=ぼろ家」といった先入観を捨てて、「空き家=古民家」と考えると、それだけでも物件の選択肢が広がります。
    また、伝統的な日本の趣深い古民家をゲットすることもできます。

  4. コストを削減することができる

    空き家を活用したマイホームはコスパが良くなります。以下ではなぜ空き家を活用したマイホームはコスパが良いのかをご説明していきます。

空き家を活用した
マイホームのコスパが良い理由

  1. 木造物件なら、築22年以降は土地代だけになる!

    木造物件の耐用年数は22年です。ですから、築22年以降の不動産評価額は「ゼロ」になります。よって築22年以降の木造物件を購入した場合、土地代だけでマイホームを取得することができます。

  2. 補助金をもらうことができる

    空き家再生のために地方自治体などでは補助金を出しているところもあります。また税制面での優遇儲けることが可能です。

    このように空き家を活用することで、コスパの良いマイホームを手に入れることができます。

増加し続ける空き家の現状分析

    総務省が発表した平成30年度の「住宅・土地統計調査 住宅数概数集計」によると、調査開始以来、空き家率は年々増加していることがわかります。
    また平成30年の空き家率は13.6%と史上最高を記録していることから、政府が行っている空き家対策はあまり効果を上げていないということもわかります。

    空き家を放置することで、地域の景観が悪くなるだけではなく、治安の悪化や害虫の発生などの被害も出るため、政府は空き家の対策に今後も力を入れていかねばなりません。
    ですから、今後も空き家を活用したマイホームの購入には、なんらかのメリット(補助金や減税効果)が付加される見込みが高いことがわかります。

空き家に付加価値をプラスして
自分好みのマイホームを
〜空き家再生事例〜

    見てきたように、リノベーションなら自分たちのライフスタイルに合わせた、自由なマイホームを手に入れることができます。

政府や自治体が取り組む
空き家活用事業や
補助金制度について

増加し続ける空き家対策のため、政府や自治体ではリフォームやリノベーション工事に対して様々な優遇措置を導入しています。

  1. 所得税の控除!

    耐震リフォーム
    一定の住宅について一定の耐震リフォームを行った場合、控除対象限度額を上限として工事費用の10%が所得税額から控除される。
    バリアフリーリフォーム
    一定のバリアフリーリフォームを行った場合、控除対象限度額を上限として工事費用の10%が所得税額から控除される。
    一定のバリアフリーリフォームを行った場合、工事費用の年末ローン残高の2%又は1%が5年間、所得税額より控除される。
    省エネリフォーム
    一定の省エネリフォームを行った場合、控除対象限度額を上限として工事費用の10%が所得税額から控除される。
    一定の省エネリフォームを行った場合、工事費用の年末ローン残高の2%又は1%が5年間、所得税額より控除される。
    同居対応リフォーム
    対象となる同居対応リフォームを行った場合、控除対象限度額を上限として工事費用の10%が所得税額から控除される。
    対象となる同居対応リフォームを行った場合、工事費用の年末ローン残高の2%又は1%が5年間、所得税額より控除される。
    耐震リフォーム 一定の住宅について一定の耐震リフォームを行った場合、控除対象限度額を上限として工事費用の10%が所得税額から控除される。
    バリアフリーリフォーム 一定のバリアフリーリフォームを行った場合、控除対象限度額を上限として工事費用の10%が所得税額から控除される。 一定のバリアフリーリフォームを行った場合、工事費用の年末ローン残高の2%又は1%が5年間、所得税額より控除される。
    省エネリフォーム 一定の省エネリフォームを行った場合、控除対象限度額を上限として工事費用の10%が所得税額から控除される。 一定の省エネリフォームを行った場合、工事費用の年末ローン残高の2%又は1%が5年間、所得税額より控除される。
    同居対応リフォーム 対象となる同居対応リフォームを行った場合、控除対象限度額を上限として工事費用の10%が所得税額から控除される。 対象となる同居対応リフォームを行った場合、工事費用の年末ローン残高の2%又は1%が5年間、所得税額より控除される。
  2. 固定資産税の減額!

    耐震リフォーム 一定の住宅について一定の耐震リフォームを行った場合、固定資産税額(120m2相当分まで)が1年の間、2分の1減額される。
    バリアフリーリフォーム 一定のバリアフリーリフォームを行った場合、翌年度の固定資産税額(100m2相当分まで)が3分の1減額される。
    省エネリフォーム 一定の省エネリフォームを行った場合、翌年度の固定資産税額(120m2相当分まで)が3分の1減額される。
    耐震リフォーム
    一定の住宅について一定の耐震リフォームを行った場合、固定資産税額(120m2相当分まで)が1年の間、2分の1減額される。
    バリアフリーリフォーム
    一定のバリアフリーリフォームを行った場合、翌年度の固定資産税額(100m2相当分まで)が3分の1減額される。
    省エネリフォーム
    一定の省エネリフォームを行った場合、翌年度の固定資産税額(120m2相当分まで)が3分の1減額される。
  3. 住宅ローン減税

    住宅ローンを使用して要件を満たす増改築工事等を行った場合、住宅ローンの年末残高の1%が10年間にわたって所得税額から控除されます。

    空き家をリノベーションすることで、様々なメリットを享受することができることがお分かりいただけたと思います。空き家を活用することで割安に取得でき、尚且つ税制優遇を受けられますし、 更にリノベーションを活用することで好きな立地に、好きな間取り、デザインの物件にお住まいになることが可能になります。
    マイホームの購入を検討する際には、新築物件だけではなく、中古リノベーション物件も検討してみてはいかがでしょうか?
    より快適なマイホームをゲットするチャンスが広がります!

before after