ファイナンシャル
プランニング

年金制度や福祉、医療保障、税金制度など、不確定要素と不安に満ちた社会。
不動産の賃貸経営を行うことで解消される方々が多くなっています。
不動産を購入し他人へ賃貸した場合、その時点で賃貸経営がスタートします。
そして賃貸経営を行うことで、年金対策や保険対策、税金対策などの様々なメリットがあります。

  1. 私的年金として
    老後の安心を手に入れる

    年金制度の崩壊により個人的な予防線として、不動産収入を定年後の私的年金とする方々が増えています。

  2. 生命保険として
    ご家族の安心を保障する

    資金調達にローンを利用する時に団体信用生命保険に同時加入することで、万一の死亡保障として、家賃収入と資産をご家族に残すことが出来ます。

  3. 相続税対策として
    効率的な資産移動

    現金や有価証券の場合は時価に対して課税されますが、不動産は現金に比べ約1/3 の評価となります。

  4. 小さな資金で
    大きな資産を持てる

    銀行は融資する際、個人の資産状況と同時に物件評価を見てローンの貸し出しを行いますので、 資産価値の高い不動産は、手元の資金を最小限に抑えて購入することが出来ます。