中古住宅再生

日本の中古住宅の流通比率は約35%と、6 割・7 割を超える欧米諸国に比べとても少ないのが現状です。
その中で、マイナス金利政策の影響により住宅ローンもさらに低金利になり、中古住宅市場の追い風になりました。
首都圏の中古マンションの成約件数は37,189件、中古戸建は13,195 件とそれぞれ過去最高を記録し、中古マンションの成約数は新築を逆転しました。
当社では従来のスクラップ&ビルドの循環型ではなく、好立地を確保する既存物件に対し、
その時代のニーズにマッチしたデザインや機能性を加え、新たな価値を生み出すことに力を入れています。
独自性に富み、新たな個性を表現することが出来る中古住宅で、現代の多様化する住生活を提案します。

before after